ZEH


ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

◆ ZEH 普及目標と実績◆

宮城建設株式会社は、ZEHビルダー登録において
2025年度には61%(Nearly ZEH含)と目標を掲げ公表します。

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 2025年度
実績 ZEH 普及目標
0% 15% 0% 0% 0% 61%

 

我が国では、2050年カーボンニュートラル達成に向けて、「第6次エネルギー基本計画」(2021年10月閣議決定)において、「2030年度以降新築される住宅について、ZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指す」、「2030年において新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が設置されることを目指す」とする政策目標を設定しています。

ZEHビルダー/プランナーとは

自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEH及びOrientedZEHを含む)が占める割合を2030年度までに50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等をSII(環境共創イニシアチブ)にて公募し登録するものです。
2021年度からは、2030年目標の達成に向けて、2020年度のZEHの供給実績に応じて、ZEH化率が50%を超えている場合は75%以上を、50%未満の場合は50%以上を2025年度の目標として宣言・公表した新たな「ZEHビルダー」制度の運用を開始しました。